« ボンジョルノ イタリア ~ ミラノ その1 | トップページ | 夏に向けて »

2015年5月31日 (日)

ボンジョルノ イタリア ~ ミラノ その2

 イタリアから帰国して、もう1週間。 月日が経つのは早いです。

ブログを書きながら、あの楽しかった日々を思い返しています。

先日Reimamaさんからのお便りの中で綴られた言葉

    「思い出は心の宝」   思わず頷いてしまいました。

 

Milano_17旅の最終日。朝ホテルから見えた景色です。

ミラノには おしゃれなビルがたくさん (東京ほど

の数はありません) あります。 ベランダに植木を

いっぱい育てているマンションがあってビルとは

思えない不思議な建物でした。

また市内をバスで移動中、親近感が湧く オブジェが

Milano_18

Milano_20
   何だか分かりますか?     針と糸 それに 玉結びかな!?

 

このツアーを選んだのは 最終日のスケジュールに組み込まれた

       レオナルド・ダ・ビンチの傑作 「最後の晩餐」を

主人が是非見たいと言っていたからです。 いよいよその当日です。    

Milano_21


  壁画はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

  の隣の白い建物の中にあります。

  完全予約制で 時間制限があります。

 

Milano_22
    世界遺産でありまた 当時食堂の壁に

    描かれていたの為 持ち運びできません。

    これはもちろん控の部屋の説明写真です。   

    撮影禁止で 厳重体制での鑑賞となりました。

 

 

Milano_23 そして、最後に スフォルツェスコ城を訪れました。

 設計にはレオナルド・ダ・ビンチも関わったと。。。

Milano_24_2
  レンガ壁のところどころに

  穴が多数あいていました。

  足場とし差した木組みを

  抜いた後で

  今は鳥の巣になっている

  そうです。  鳥み~つけた!

       色鮮やかなポピーが風で揺れています。

 

15時過ぎ、ミラノのマルペンサ空港から 日本へと離陸しました。

遠くにアルプスの山々が見え、いつかあの地へ夢見て 。。。。

初海外、思い出に残る 素敵な旅になりました。国境を越えてよかった~

同行した添乗員さんをはじめツアーでご一緒した皆さんにも

楽しい旅を共有できたことに感謝しております。

そして、長いお休みを快く引き受けてくださった職場の仲間にも感謝です。

                  もちろん 旅の機会をくれた主人にもね ^^

長々とブログにお付き合いいただき有難うございました。 (/ ^^)/

                                            fumiko

 

 

« ボンジョルノ イタリア ~ ミラノ その1 | トップページ | 夏に向けて »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

本当に充実のご旅行でしたね
たくさん 画像も拝見できて まあ どこを撮影しても 絵葉書のようですね
そうそう 市場でのfumikoさんのお姿発見いたしました(笑)


それにしても ちゃんと記憶されて
私だったら 3日以上は無理です あら?どの工程でどこにいたのかな 私・・・・となるでしょう(笑)

次のキルトは この旅の思い出が反映されるでしょうか?

フィレンツェ~ミラノ
私もご同行させていただきました(^^
楽しい旅でしたね~。
これからもfumikoさんの「心の宝」になりますねheart02

やっぱりイタリアは一週間じゃ回りきれないですよね。
ローマだけで5日間!って聞きます。
最後の晩餐・・・ご主人は感慨無量だったのでは??

NORIさんが仰るようにどこを切り取っても絵になる!!
お写真、いっぱい撮ってこられましたか?

pencil NORIさんへ
長々とお付き合いいただいてありがとうございます。
ブログを綴ったことで旅をもう1度楽しむことができました^^
日程表があるので頭の中を継ぎはぎしてますよ。

今回は主人がほとんどカメラを手にしてました。
わぁ~ 見つかっちゃった~
私の顔覚えていてくれたんですね。ありがとう!

大理石の建物は、幾何学模様が多くて
パッチワークのパターンのようでした。
カメラに納めてきたので、いつかキルトにしたいと
思ってます。
お友達も想い出のキルト製作中です。

pencil misakoちゃんへ
「心の宝」重みのある言葉ですね。
じ~~んとしていまいました。

旅に行く前からも帰ってからも楽しんでます。

世界遺産がゴロゴロとしていて
ローマに何度も行かれている方を知っています。
スリや物乞いなど、もう少し治安がよければいいのにね。

今回は主人がカメラマンでした。
キルトのパターンになりそうな
幾何学模様の大理石も撮ってもらいました。
これから写真の整理もしなきっちゃと思ってます。
イタリア、まだまだ続きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593226/61673535

この記事へのトラックバック一覧です: ボンジョルノ イタリア ~ ミラノ その2:

« ボンジョルノ イタリア ~ ミラノ その1 | トップページ | 夏に向けて »