« 秋の夕暮れ | トップページ | 彩甲斐道(ルート140号) »

2014年10月17日 (金)

「までいをまとう」

 昨日、実家からこの秋実った甘柿を貰いました。

新居にも父から貰った苗木を植えていますが、実を付けるのは

まだまだ先のようです。 柿だから8年後かしら~~!?

いつかの日か孫と共に柿の実をもぎ取って欲しい・・・父の夢。

Madei_2
先日、そごう大宮店に買い物へ行った時

「までいをまとう」販売会がありました。

東日本大震災で被災された福島県飯館村の

女性の方々が全国から贈られた着物をリメイクして

衣料品・小物などを作られ販売しています。

たくさんの手作り作品がありました。

今の時期ぴったりの柿の壁飾りを買い求め

玄関に飾っています。

「までい」とは、「大切に」「心を込めて」という意味だそうです。

針を持つ時間、一針一針が明日への励みになるのですね。

復興への願い、ほんの少しの支援になれば嬉しいです。

我が家の庭の柿がたわわに実るのはいつの日かしらね ^^

 

« 秋の夕暮れ | トップページ | 彩甲斐道(ルート140号) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

優しい方言に癒されます。
までいをまとう・・・なんかほっとする言葉ですね。
fumikoさんが買われた壁飾り、今の時期にぴったり!
この壁飾りを見るたびに大震災も思い出されますよね。
風化させないようにしなきゃ~!!

お庭にもいつかたわわに柿が実るといいですね~。

おはようございます「。までいをまとう」
始めて聞いた言葉です。地方により聞いた事のない言葉は沢山ありますね。
こちら西側から見れば・・・関東から北方面の言葉そのものが
珍しく聞いてて判らない言葉もしばしばあります。

そちらがわから見れば広島は言葉がきついと・・・・いつも
喧嘩をしてるように聞こえるようですが
柿の苗を植えられたのね8年後が楽しみですね桃栗3年柿8年ですから
そのころはお孫さんも何人いらっしゃるかしら?
先を楽しみに健康で頑張りましょうね。

「までいをまとう」私も初めて聞きました。
なんも趣のある言葉ですね。
柿の壁飾は落ち着いた壁の風合いにピッタリですね。

主人の実家も福島です。
震災前は義父が干し柿を作っては送ってくれました。
柿が育って実がなるのが楽しみですね。

今の時期にぴったりの飾り物ですね
「までいをまとう 癒される言葉ですね
柿の木実がなるのが毎年楽しみになりますね

bud misakoちゃんへ
私も初めて知りました。
ひらがなの言葉だから優しく耳に響きますね。
あれから3年7ヵ月、復興の遅れが気になりますが、
風化させないことが大切ですね。
今日はお仕事お休みなので衣替えしようと思っています。

bud Reimamaさんへ
方言、私も山形へ行くと分からない言葉がたくさんあります。
耳に優しく残って、いざ自分の口から言おうとすると
何だか他人行儀に感じたりして・・・
不思議ですね。

広島弁は喧嘩しているように聞こえるのですか?
Reimamaさん、是非お会いしてお話してみましょう~~ ^^

bud とっとさんへ
「までい」のブランドがあるようで
いいたてカーネーションの会の方々が作られています。
布の温もりが人の心を繋いでいるようです。

旦那様のご実家も震災後色々と大変な思いをされたのですね。
干し柿ひとつにも色々な事があるのですね。
柿の飾り物は被災された方々の生きる力・希望が
込められている気がします。

bud ちびちゃんへ
秋の果物はたくさんあってあれもこれもと
食べ過ぎてしまいます。
柿の木はまだ私の背丈もありません。
身のなる頃が楽しみです。

昨日はパリーグの野球中継を観ました。
今夜はいよいよ最終決戦ですね。
主人も日ハム応援していますよ。
ちびちゃんも応援に熱が入りますね。

おまじない?かと思いました(笑)
こういう言葉は ずーーっと残るといいですね
味のある柿の飾りもの
苗が大きくなるまでは この柿に秋を彩ってもらいましょう

大宮 そごう
おおっ 私の行動テリトリー!!!

柿と言えば、結婚前に祖父に報告しに出かけたとき、
畑の柿をたくさんもいでくれたことを思い出します。
お父様の夢、そのものを経験した私って幸せ者ですね。

までい、素敵な言葉ですね。
方言って聞くとなんだかうれしくなってきます。
仙台はあまり方言を使う人がいなくてちょっと残念だったのだけど、
東北の言葉は他と違うものが多くて
謂れを知るとますますいとおしく感じます。

こんにちわ♪
柿は8年ですか・・・待っていると長く感じるけど、きっともうすぐですよ。
実をつける日が楽しみですね。

「までいをまとう」同じ東北でも初めて聞いた方言です。いい言葉・そしていい響きですね。

pencil NORIさんへ
お返事大変遅くなってごめんなさい m(__)m
私も初めて耳にしました。
響きの良い素敵な言葉ですね。

他にみかんの苗木もあります。
この夏、葉が全部落ちて・・・・ 今はしっかりと根を張った
ようです ^^
実がなるまで順調に育つようお世話しないといけませんね。

pencil きのびとさんへ
お返事大変遅くなりごめんなさいね。
先週末は酒田へ行き、お仏壇の移動をしてきました。
ひとつひとつやるべき事をこなしています。

柿の実には思い出があるんですね。
秋の陽ざしに熟した橙色の柿、風情がありますね。

仙台は東北の中心ですから他の土地から移り住んだ方が
多いのかもしれませんね。
酒田ではと語尾がやんわりとした「~~~のぉ」
不思議と優しい気持ちになります。

pencil blueroseさんへ
お返事遅くなり申し訳ございません。
先週末、酒田への道のり山形道を走りました。
ちょうど紅葉の真っ盛り、とても良い眺めでしたよ。

柿・みかんが生る日が楽しみです。
寒河江ではラフランスが並んでいましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593226/60494528

この記事へのトラックバック一覧です: 「までいをまとう」:

« 秋の夕暮れ | トップページ | 彩甲斐道(ルート140号) »