« お知らせ | トップページ | 「までいをまとう」 »

2014年10月 3日 (金)

秋の夕暮れ

 25日、義父は96年間の生涯を終えました。 

享年97歳、大往生ですが、お別れは辛いものです。。。。。

主人と結婚して以来30年間、いつも大きな心で優しく接してもらい

感謝の気持ちでいっぱいです。 

酒田を離れる時いつも「がんばれよ。。。」と微笑んで言葉を掛けて

くれた姿、今も忘れられません。 ありがとう~~

最後の時には残念ながら間に合いませんでしたが、眠るように逝ったと。。。

亡くなる二日前、義母は義父に 感謝の言葉を伝えたと。。。

最後は夫婦共に同じ施設で過ごせてほんとよかったと思います。

義母には最期のお別れをしてもらうつもりでしたが、

「私も一緒に逝きたい・・・」と言っているので 申し訳ないけれど

義父は入院していることになっています。  ごめんね。

施設の方々にも大変お世話になりました。

亡くなる前日は絶え間なく介護士さんが義父の部屋に顔を見に来て下ったと

お聞きし、寂しい想いをせずに逝けたのだととても有難く思いました。

今頃、義父は義祖父や敬愛していたおかあさん(義祖母)、義姉や

一ヶ月程前に亡くなった弟(義叔父)と再会しているのでしょう・・・・

おばあちゃんはまだまだ連れていかないでね 。。。。。

夕闇が早まる秋の夕暮れ時はなんとなく物悲しい気持ちになります。

« お知らせ | トップページ | 「までいをまとう」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

fumikoさん、
最愛の義父さまを亡くされて・・・心からお悔やみ申し上げます。
大往生とは言え寂しいですよね。
うちの義父と4日違いだったんですね~。
天国のどこかですれちがっているかもしれませんね。
うちは88歳でした。

施設の方もしっかり見守って下さってて心強いですよね。
うちも病院の看護師さんたちには感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さん泣いて下さるってどんな風に接して下さってたかわかりますもん。

昨日は思いがけず電話でお話しできてとても嬉しかったです。
わざわざありがとうございました。
いつの日かお互いの義父を忍んでお茶でもしましょうね!
そしてfumikoさんも日常がおありです。その上のプラスアルファも仕事・・・
お互いにくたびれないようにほどほどに頑張りましょう!!
Fight!!!!!

fumikoさん
義父さん残念でしたね96歳皆さんは大往生と言うけど・・・
生まれるのは嬉しいけど無くなるのは寂しいですね。
一緒に住んで無くても心にぽっかりと大きな穴があいた感じで寂しいですね。
我が母も96歳で亡くなりましたがいまだに無くなったとは思いたくないです
義母さんも寂しくなられましたね受けとめるには時間いりましね。
fumikoさんも力おとされませんように健康に気をつけて下さいね
健康が一番です健康であれば何でもできます頑張ってね

義父さんのお悔やみを申し上げます
何回も酒田に帰られて面倒を見られましたよね
お寂しくなられましたね
義母様をこれから受け止めるのが大変でしょうが
fumikoさんが力になってあげてください
私の母も昨年93歳で亡くなりましたが
まだ父は99歳で健在です
幾つになっても生きていて欲しいですよね
fumikoさんお仕事が待っているのでしょうからお体だけには気をつけてくださいね
お風邪をひかれませんように

fumikoさん、お義父さまのお悔み申し上げます。
寂しくなりますね。
小学生から結婚するまでずっと書道を習っていたのですが
その書道教室はおじいさんとおばあさんだったのですがご夫婦でされていて
本当に仲の良いお二人でした。
先にご主人が亡くなられてお線香をあげに行ったとき娘さんが入院中のお母さんには知らせていないと言っていたのを思い出しました。
そのあと奥さんのお見舞いに行った時も嬉しそうにご主人の話をされていました。
いくつになっても寂しいものですね。
fumikoさんの酒田に足しげく通う様子がblogから伝わってきました。
どうかお疲れをおこさないようにお体に気をつけてくださいね。

お義父様突然の訃報に驚いております。
心よりお悔み申し上げます。
離れているとなかなか、思ったように手をかけてあげられなくて…心残りもあるかと思いますが、その分どうぞご義母様に心懸けてあげてくださいね。
96歳とてもいい生涯だったと思いますよ。空の上からfumikoさんご一家とご義母様の事見てくれていますね。
fumikoさんやご主人様もどうぞ、お気を落とさずに。お疲れが出ないよう、願っております。

pencil misakoちゃんへ
おはよう~ございます。
池袋でお会いした時は、まさか同じように義父とお別れする
思いませんでしたね。
お悔み申し上げます。

昨日は色々な手続きお疲れ様です。
ご主人様も感謝されていると思います。
私は専ら封書をポストインしています。
事務手続きは先方さんの言う通りに右から左へと
処理するだけです。。。
まだまだやるべきことがありますね。
お互い健康第一に過ごしましょう。

pencil Reimamaさんへ
お悔みの言葉有難うございます。
義父は亡くなる数日前に
「100%だ・・・」「覚悟は出来ている」「怖くない」など。。。
感謝の言葉と共に介護士さんと会話していたそうです。
最後に息子とも話せたし、娘夫婦とも会えてよかったです。

主人は弱っていく実父を見守っていく中で
色々と考え、思いを寄せていた様子でした。
今義父は私達の心の中に生きているとそう強く感じています。

Reimamaさんもお母様を亡くされ寂しい想いをしているのですね。
暫くしてからの方がより深く感じるのでしょうね。
想いを寄せてくださる方々、ほんと有難く思います。


pencil ちびちゃんへ
お悔みの言葉・いつも励ましのメッセージをいただき
感謝しております。ありがとうございます。
いつかは別れがくるのですが、寂しいものです。
義母は施設で義父に会えなくなってしまったので
いつか分かる日がくると思います。
皆で顔を見に行った時、ひ孫の誕生を心待ちにしようと
娘夫婦に少しプレシャーを与えてきました。
ちびちゃんも施設への訪問頑張ってくださいね。

pencil とっとさんへ
お悔みのメッセージ有難うございます。
そうでしたか。
私達も色々と悩みました。
主治医の先生からはきちんとお別れをするべきではないかと
進められていました。
義母はあまりにも義父を頼り、敬愛していたもので。
義父母は65年寄り添って暮らしていました。
施設の雰囲気でいつか義父の死を受け入れる日がくると思います。
私達もまた日を追う毎に寂しさを感じています。

pencil blueroseさんへ
お悔みの言葉有難うございます。
この夏は義父の弱まりを感じていましたが、こんなに早く
お別れの日がくるとは思いませんでした。
義父はたくさんの言葉を私達に残してくれました。
義母のいる酒田行はこれからも続きます。
月山を望む山形道、季節を変え楽しませてくれます。


fumikoさん、大変でしたね。
お義父さまのこと、こころからご冥福をお祈りします。
私も昨年義父が亡くなりましたが、
義母も入院していたこともあって、
やっぱり会わせてあげられなかったし、
すぐには知らせることもできなかったようでした。
それぞれみんな良いと思って決めたことなので、
きっとそれでよかったんだと思います…
寂しい気持ちや悲しい気持ちは増えるばかりかもしれないけれど、
どうぞご自身の身体も気持ちも休ませてあげてくださいね。

こんばんは
台風が まさに通過中の夜です 風の音がすごい
fumikoさんのお住まい付近も 被害がありませんように

次の更新を待ってコメントさせていただこうかなと思っていたのですが・・・
今頃 足跡を残します

少し お気持ち落ち着きましたか?
お身体にも 負担が来るころです どうぞご自愛くださいね

pencil きのびとさんへ
お悔みのメッセージ有難うございます。
昨年義父様が・・・・残念でしたね。
長年寄り添って来た夫婦のお別れは悲しいです。。。

葬儀の後、義母と会いひ孫の誕生を楽しみにしようと
(私にとっては孫ですが)話してきました。
義父に会うのはまだまだ先にして欲しいと思っています。

pencil NORIさんへ
先日はメール有難うございました。

2週続きの台風、影響はありませんでしたか?
今朝はもう太陽が出ていたので安心して仕事に行きました。

お気遣い有難うございます。
作品展のタペ頑張ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593226/60413855

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夕暮れ:

« お知らせ | トップページ | 「までいをまとう」 »