« 梅雨の晴れ間 | トップページ | Mystery Qiult No.1 »

2013年6月30日 (日)

遠方へ。。。

 となり町から嫁いだ母から

「娘も孫も実家が遠い処の人にお嫁に行くんだねぇ・・・」と。。

先週末、娘の彼の実家、福井へご挨拶に行ってきました。

娘と彼、私共4人、車での旅でした。

途中、宇奈月温泉で一泊し、早々に敦賀へ行きました。

御両親様は私達を温かく迎えてくださいました。

Mikatagoko_2
義母様と娘が台所立つ姿は、ちょぴり寂しくもあり、

また微笑ましく安堵しました。 

その夜、皆揃って用意していただいた近くの三方五湖

にある宿に泊まり、日本海の幸に舌鼓を打ちました。

人の縁でほんと不思議ですね。また新たな繋がりが。。。

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | Mystery Qiult No.1 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

素敵なお出掛けでしたね・・・
三方五湖…懐かしいです。
京都からドライブしましたよ。

お嬢さんと義母さまの台所姿・・・
fumikoさんの複雑な胸中、分かる気がします。。。
でも娘は永遠に娘さんのままですよ~。
息子は違ってくるかも知れませんけど(涙

こんにちわ♪
お嬢様いよいよですか。fumikoさん、さびしくなりますね。
でもよい御縁に恵まれて~皆さんお幸せですよ。
お台所のお話…こちらまで胸が熱くなってきます。
心にのこる、いい旅でしたね。

ああ もうダメです
胸が つーーんと来ました

でも 素敵なご縁に恵まれたのでしょうね

お嬢様が少し遠くなっちゃった気持ちでしょうか。
嬉しくて淋しい、なんですね。
でも、misakoさんのおっしゃる通りだと思います。
娘さんはいつまでもfumikoさんの娘さんのままですよ。

sun misakoちゃんへ
お返事大変遅くなってすみません。
梅雨明けと同時に毎日うだるような暑さですね。
お変わりありませんか?
体調管理気を付けましょうね。

敦賀行からからもう半月以上が経ってしまいました。
京都にお住まいの頃行かれたのですね。
山と海が近く素敵な処です。
娘は冬の蟹を期待しているようですよ(笑)

同じように母も寂しい思いをしたのよね。
あの頃は自分の事で精一杯だったような気がします。
そうですね。ずっと娘ですね~~~。
misakoちゃんも近い将来娘さんが出来るのね。

sun blueroseさんへ
一人暮らししていた頃より彼がいるので安心できますが、
御両親様の前では大丈夫かな???と心配です。
もう少しちゃんと育てれば・・・・なんてね(苦笑)

でもまた違う土地で娘を見守ってくださる方々が
いると思うと嬉しくなります。
私も酒田の儀父母がいるようにね。
blueroseさんももうじきですよ。

sun NORIさんへ
例年より早く梅雨明けしてしまいましたね。
これからの暑い日々を思うとちょっとぞっとしますね。
熱中症には充分気を付けましょうね。

NORIさんも近いうちにつ~~んと感じるわよ~~~。
もっともっと深くかな???

縁って不思議なものですね。
ブログの縁も。。。。


sun きのびとさんへ
梅雨明けするやいなや連日のように最高気温が
更新され、何度までいくのでしょうね。

返事が遅くなりごめんなさい。
お変わりありませんか?

お嫁に行くといっても住まいは近くなので
家族が増えると思った方がいいですね。
いつまでも娘、ほんとですね。

いつも主人と二人暮らしなので、今では子供達と共に
一緒に過ごせる時間が楽しみです。
週末は久しぶりに息子が帰省するので娘達も来る予定
です。さらに私の両親も・・・・ 賑やかになりそうです。

ご無沙汰しています
お元気でしたか?
私も長い休みに入りました
でも忙しい毎日を送っています
遠出のお出かけご苦労様でした
お嬢様と義母様との後姿を見て複雑な思いでしょうね
嬉しいような寂しい様な
私は男の子しか居ないので分かりませんが?
義母様にとっては嬉しい事でしょうね。
福島に知り合いが居るので一度行ってみたいですね

mailto ちびちゃんへ
ほんとご無沙汰しておりました。
長い夏休みになるのですね。
毎日忙しく過ごされているので少しのんびり出来そうですね。

娘達の住まいは千葉より近ので行き来が多くなりました。
ちびちゃんのお家の様に皆が揃って
賑やかな時間を過ごしたいです。
北陸の福井県敦賀です。 とても素敵な処でしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593226/57677643

この記事へのトラックバック一覧です: 遠方へ。。。:

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | Mystery Qiult No.1 »